数珠巡礼

メニュ

高台寺 月真院Kodai-ji Gessinin Temple

 

高台寺塔頭の月真院は、亀井豊前守の保護の下に、豊臣秀吉の外戚久林玄昌が1616(元和二)年開創。境内には織田信長の子、有楽斎が植えたとされる椿があり、かつては萩と椿の名所で知られました。幕末には、新選組から分離した伊東甲子太郎が、御陵衛士を組織し、屯所を月真院にかまえました。
臨済宗建仁寺派。本尊は千体地蔵菩薩。

当寺院のさげわたし数珠玉

沿革

 

月真院は1616年(元和2年)に関白・豊臣秀吉の正室・北政所の従弟で、臨済宗の僧・久林玄昌が石見津和野藩初代藩主・亀井政矩の保護の下で創建し、亀井家の菩提寺になりました。
なお亀井政矩は鹿野藩初代藩主・亀井茲矩の次男で、江戸幕府初代将軍・徳川家康に仕えました。
1867年には伊東甲子太郎らの組織した御陵衛士(高台寺党)が屯所を構えました。
月真院の周辺は、かつて萩と椿の名所として知らられ、織田信長の弟・有楽斎が植えたとされる(一説には、有楽の屋敷から移植されたという)有楽椿(樹齢約600年)が、山門内に現存します。また、山門を入った正面には石庭があり、本堂前には八坂の塔を借景とする庭が広がります。庭の東側には池があり、その奥は高台寺につながる裏山になっています。

拝観のご案内

現在の情報

公開期間
通常非公開(数珠玉の下げ渡しは常に行っております)
拝観時間
お問い合せ下さい。
拝観料
お問い合せ下さい。
ご連絡先
電話番号 / FAX
TEL 075-708-2728

交通案内

名称
高台寺 月真院
所在地
〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町528
交通アクセス
公共交通機関をご利用の場合

JR「京都駅」から市バス206系統でバス約20分「東山安井」下車徒歩5分

駐車場
なし

同エリアの社寺

巡礼社寺一覧を見る